Who Invented Paper Money?

What’s Invented Paper Money? 紙、印刷、紙幣の発祥は、はるか昔の中国・唐の時代です。 中国が紙幣を発明したのは、618年から907年まで統治していた唐の時代で、他の国に広まるまで長い間使われていました。 マルコ・ポーロは1275年から1292年にかけて中国を訪れた際、紙幣に興味を持ち、著書の中で一章を費やしています。 中国人は商売上手で、硬貨の重さを面倒に思い、印刷されたお金の方が効率的だと考えたのだ。 中国が紙と印刷を発明したことを考えれば、それも納得がいく。 商人が重い硬貨を信頼できる代理人に預け、いくら預けたかを紙に記録するようになり、紙幣が考え出されたのである。 1072>

政府の介入

商人は後日、お金を持っているという保証として約束手形を見せながら商品を購入するようになる。 その後、政府はこのアイデアを取り入れ、商人が約束手形や手形と引き換えにお金を会社に預ける代わりに、政府は手形と引き換えに貨幣を会社に預けるよう商人を説得することになる。 1072>

宋の時代-紙幣は官製に

唐の後の宋の時代には、紙幣をさらに普及させる大きな変化があった。 たとえば、中央政府や地方政府は、人々が貨幣を紙幣に交換するために行くことができる多くの店を町に許可した。 1072>

このため、安徽、恵州、杭州、成都に工場が設立され、偽札を防ぐために異なる繊維を混ぜるなど特殊な方法で紙幣が印刷されるようになった。 印刷用の版木(スタンピングのようなもの)にさまざまな色をつけて印刷する。 その色は6色にもなる。 1072>

紙幣の使用停止

紙幣がヨーロッパに到着する約2000年前に、中国ではすでに貿易に使われていた。 つまり、紙幣が誕生したのは紀元前140年頃ということになります。 貿易を容易にした一方で、中国での紙幣は弊害もあった。 例えば、1455年頃、紙幣が大量に印刷され、悲惨なインフレを引き起こしたため、経済から紙幣が完全に排除された。 政府は現金を回収して一元化しようとしたが、うまくいかなかった。 モンゴル王朝時代には、中央政府、地方政府、民間機関が発行した紙幣を回収しようとした。

その後、中国では紙幣を禁止して1~2世紀を経て、紙幣を復活させ、不況に苦しんだが、貿易で世界中を回る商人を通じて、紙幣はヨーロッパに渡っていった。

現代の元

元朝の後、明朝が政権を取り、紙幣を増刷したが、結果的にインフレの問題を解決することができなかった。 このため、明は紙幣の増刷をやめ、メキシコやペルーのインゴットを使うようになりました。

中国は450年間、再び紙幣を使うことはありませんでした。 1890年代に当時の清朝が元を流通させるようになってから再び使い始め、それが現在も中国の通貨名として続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。